ホーム > 子供の矯正

子供の矯正

子供の矯正

子供の歯を矯正する重要性

子供の歯を矯正する重要性
子供は歯も顎も発育段階にあり、日々大きくなったり形が変わったりしています。
こういった時期に間違った方向に発育が進むと、それがどんどん加速されていき大人になってから修正するのは難しくなってしまうことがあります。

例えば、反対咬合(受け口)の子供は早めに上の歯が前にくるようにしなければ、そのままの状態で成長を続けてしまうのです。
このような場合には、全体の歯並びをきれいに揃える前に、まずは反対咬合を治すことが重要です。

顎が成長段階にある時であれば上手く上下顎の正常な位置関係に戻すことができることが多いのですが、大人になってからですと顎の一部を切除しなければならないということにもなりかねません。

まずは早めの矯正相談を

まずは早めの診断を
当院は初回のカウンセリング時に、お子さんの歯の状態を診させて頂き、年齡等も加味していつ頃どのような矯正治療を実施するのが良いかをお話させて頂くようにしています。

手遅れにならないためにも、まずは早めの矯正相談を受けて頂くのがお勧めです。
もちろん、矯正治療が必要ない場合にはそのようにお伝えさせて頂きますので、問題ないということを知ってご安心頂くことも大事かと思います。

子供の矯正治療方法

子供の矯正治療方法
子供の矯正治療は、その症状や歯並びが悪くなった原因に合わせていくつかの選択肢の中から最も適切な方法で行っていきます。

ここでは、その一部を簡単にご紹介します。
【例】反対咬合(受け口)になっている。
リンガルアーチと呼ばれる器具を上の歯の内側に取り付けることで、上の歯が前に出てくるようにします。
【例】歯が並ぶのに充分なスペースがない。(上顎)
急速拡大と呼ばれる方法で、上顎の骨を広げていきます。
歯並びを良くするための条件の一つは、きれいに歯が並ぶだけの充分なスペースを確保することです。
歯が並ぶのに充分なスペースがない。(下顎)
下顎は急速拡大ができないため、斜頚により拡大をしてスペース確保します。または抜歯によりスペースを確保します。
ただし、ただ抜けば良いというものではありませんので、全体の噛み合わせなども考慮して抜歯・矯正していきます。
顎や骨が原因でなく、歯そのものの並びが悪い。
ワイヤー矯正で、全体の歯並びをきれいに整えていきます
その他、ご飯が食べにくい、上手く発音できないといった症状が、歯並びを治すことで改善されたケースはたくさんあります。
お子さんがお口周りの不具合をお持ちの場合は、歯並びの診断を受けてみてはいかがでしょうか。
大関矯正歯科医院 電話番号:028-622-2271